代謝アップのために積極的にお酢を摂取

いつも酢玉ねぎと野菜のピクルスを常備して、朝晩の食事で食べるようにしています。30代後半を迎えた頃から、ダイエットをしても以前のように体重が落ちなかったり、同じ位の食事を食べていても太りやすくなったり。加齢によって代謝が落ちてきているのではと考え、ここ3年くらい積極的にお酢を取り入れるようにしています。色々と調べてみると、やはりお酢には代謝を上げたり疲労を回復したり、血圧を下げる効果も期待できるとか。いいことばかりのお酢なので、夫婦揃って毎日の食事に無理なく取り入れることができる方法をと考えるようになりました。   1日に必要とされるお酢の量は大さじ1杯。ということで、最初は手っ取り早く、朝食時に食べる白米や玄米にそのままかけて食べていました。温かいホカホカの状態でのご飯にかけると、ほどよく酢が吸収されて酢飯状態に。私のお気に入りです。   でもこの方法だと、お酢のツンとしたニオイが苦手な主人は苦手のよう。そこで酢玉ねぎと野菜のピクルスを作りました。酢玉ねぎの作り方は、瓶にお酢とハチミツを入れて溶かし、そこにスライスした玉ねぎを漬けるだけ。お酢が苦手な主人のために少しだけハチミツを多めに入れ、そこに生姜の千切りも入れるとより美味しくいただけます。   時々紫玉ねぎで作ると、本当にキレイなピンク色に。見た目でも楽しむことができます。ピクルスはその時々の旬の野菜を入れて。お酢とお水の量を半々にし一度沸騰させるので、お酢のツンとしたニオイも気になりません。我が家では砂糖の代わりにハチミツを入れています。   こだわっているのはお酢そのもの。ややお高めですが、千鳥酢が我が家の定番。どんな料理にも使うことができ、1升瓶で購入して頻繁に活用しています。   お酢を食事に取り入れるようになってから、実感しているのは太りにくくなったこと。食事の量が同じでも太りやすかった体質が変わり、多少食べ過ぎても体重が戻りやすくなりました。夫婦ともにここ数年体型も変わっていないので、今後も意識してお酢の摂取を続けていこうと思っています。

PR|童話|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|カラスの童話|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|ショッピングカート|生命保険の選び方|四季の童話集|家計見直しクラブ|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|